TOP
ツツジ(躑躅)とはツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属(ツツジ属参照)の植物の総称である。 ただしドウダンツツジのようにツツジ属に属さないツツジ科の植物にもツツジと呼ばれるものがあるので注意が必要である。 主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっている。日本ではツツジ属の中に含まれるツツジやサツキ、シャクナゲを分けて呼ぶ慣習があるが、学術的な分類とは異なる。 最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定される。 ツツジ属の植物はおおむね常緑若しくは落葉性の低木から高木で、葉は常緑または落葉性で互生、果実は蒴果である。4月から5月の春先にかけて漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している )を数個、枝先につける。また花を上手に採ると花片の下から蜜を吸うことができ第二次世界大戦中は当時の子供たちの数少ない甘みとなっていたが、レンゲツツジには致死性になりうる毒があり、 庭木として利用されることもあるので事故を避けるために注意しなければならない。また合弁花類である。 (Wikipediaより引用)
スポンサードリンク

『2017年2月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1366×768≫ピクセルです。
画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックして下さい。

スポンサードリンク