TOP
■ハルリンドウ(春竜胆) は、リンドウ科リンドウ属の二年草。ごく小柄なリンドウ類である。 特徴:ロゼット状の根生葉から抽苔し、高さは10cmほどとなる。葉は5mm-1cmの披針形で、茎の先端に紫色の花をつける。花期は3-5月。花冠は長さ2-3cmの漏斗状で、朝、日光を受けると開花し、夕方に閉じる。 近縁種のフデリンドウとよく似ているが、フデリンドウは、根出葉が大変小さくロゼット状にならないことで区別できる。また、コケリンドウにも似るが、がく片が反り返らないことで判別できる。 本州・四国・九州の日当たりの良いやや湿った山野や湿地に生える草本。群生することが多い。 (Wikipediaより引用)
スポンサードリンク

『2017年5月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1280×800≫ピクセルです。
パソコンの背景に設定するには,画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックしてパソコンの背景に設定して下さい。

表示されてる画像は小さいですが(1280×800)ピクセルです
スポンサードリンク