TOP
■八重咲きとは、通常の花において花びらの内側の雄蘂や雌蘂が並んでいる場所に、さらに多くの花びらが並んで、花びらだけで花が構成されているように見える状態を指す。 なお、通常の花弁の内側にもう一列の花弁が生じるものは二重咲きと言う。普通は、野生の植物には雄蘂と雌蘂があるのが当然であるので、このような花は突然変異によって出現する。 中には、ヤブカンゾウのように、野生種でありながら八重咲きが普通、というものもある。八重咲きにおける、内側の花びらは、雄蘂や雌蘂にあたり、それらが花弁化したのが八重咲きである。 花弁はもともと雄蘂や雌蘂を囲む葉に由来するものであり、雄蘂や雌蘂はそれぞれ小胞子葉、大胞子葉であるから、やはり葉が起源である。いずれも葉に由来するものなので、それらがすべて花弁化すること自体にはさほど不思議はない。 (Wikipediaより引用)  以前私のブログで取上げた八重咲きの梅の花 『霧島連山-光と影-』
スポンサードリンク

『2017年3月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1280×800≫ピクセルです。
パソコンの背景に設定するには,画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックしてパソコンの背景に設定して下さい。

表示されてる画像は小さいですが(1280×800)ピクセルです
スポンサードリンク