TOP
■ヒメシャラ(姫沙羅、学名:Stewartia monadelpha)は
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。ナツツバキに似るが花も葉も小ぶり。垂直によく伸び,高さ15m、胸高直径90cmに達する。若木のうちは灰色の細かくざらついた樹皮であるが,成長するに従いこのような樹皮ははがれ, 次第に赤褐色のごく薄い樹皮に変わる。この樹皮は細かい鱗状にはがれるが,全体としては明るい赤褐色のつるつるしたものに見え,森林内ではひときわ目立つものである。 葉は互生で短い柄があり,長さ5-8cm,葉身は楕円形から長楕円形、縁には低い鋸歯がある。葉は黄緑色で,全体に毛がある。花期は7-8月。 葉腋から1つずつ,小さな白い花を咲かせる。秋には紅葉になり,10-11月に濃褐色の実ができて種子ができる。 Wikipediaより引用
スポンサードリンク

『2017年5月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1280×1024≫ピクセルです。
パソコンの背景に設定するには,画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックしてパソコンの背景に設定して下さい。

表示されてる画像は小さいですが(1280×1024)ピクセルです
スポンサードリンク