TOP
■ゲンゲ(紫雲英、翹揺 Astragalus sinicus) はマメ科ゲンゲ属に分類される越年草。中国原産。 レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ、とも呼ぶ。春の季語。かつて水田に緑肥として栽培され、現在でもその周辺に散見される。岐阜県の県花に指定されている。 湿ったところに生える。全体に柔らかな草である。 茎の高さ10-25cm。根本で枝分かれして、暖かい地方では水平方向に匍匐し、60-150センチまで伸びる場合もある。茎の先端は上を向く。また、根本から一回り細い匍匐茎を伸ばすこともある。 葉は一回羽状複葉、小葉は円形に近い楕円形、先端は丸いか、少しくぼむ。一枚の葉では基部から先端まで小葉の大きさがあまり変わらない。 花茎は葉腋から出て真っ直ぐに立ち、葉より突き出して花をつける。花は先端に輪生状にひとまとまりにつく。花色は紅紫色だが、まれに白色(クリーム色)の株もある。 Wikipediaより引用
スポンサードリンク

『2017年3月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1280×1024≫ピクセルです。
パソコンの背景に設定するには,画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックしてパソコンの背景に設定して下さい。

表示されてる画像は小さいですが(1280×1024)ピクセルです
スポンサードリンク