TOP
■仰烏帽子山(のけぼうしやま 1302m)の福寿草 熊本県球磨郡五木村の仰烏帽子山に自生する福寿草です、2月から3月頃にかけて見頃を迎えます。登山口は椎葉谷登山口と元井谷登山口とあります。元井谷登山口は第2登山口があり、第2登山口から登ると群生地へはこちらから登った方が比較的に近いようです。 仰烏帽子山登山ルートマップ(参考用) 日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。 当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。葉は細かく分かれる。夏になると地上部が枯れる。 つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである。 (Wikipediaより引用)
スポンサードリンク

『2017年2月のカレンダー壁紙』

表示されてる画像は小さいですが≪1280×1024≫ピクセルです。
パソコンの背景に設定するには,画像上で右クリックして「背景に設定」をクリックしてパソコンの背景に設定して下さい。

表示されてる画像は小さいですが(1280×1024)ピクセルです
スポンサードリンク